日本社会精神医学会雑誌バックナンバー

日本社会精神医学会雑誌バックナンバーの販売も行っております。
購読お申し込みはこちら


第22巻 第4号(2013年) 目次


巻頭言大正・昭和初期の作業療法 加藤 敏 p437
資料論文岡山県の医療保護入院患者と保護者に関する実態調査趙 香花/長沼洋一/河野稔明/立森久照/野口正行/藤田健三/太田順一郎/西 大輔/竹島 正 p440
 精神障害に係るAnti-stigmaの研究 教科書に見るメンタルヘルス教育〜中学校・高等学校の教科書における記載を通して〜
(1950〜2002年までの「保健体育」教科書調査から)
中根允文/三根真理子 p452
第32回日本社会精神医学会
(KKRホテル熊本)
     
シンポジウム2「がん患者のこころとからだを支える:小児から高齢患者そして家族まで」 働きざかりのがん患者のこころを支える─がんサバイバーシップ 大島 彰 p474
 高齢がん患者のこころを支える 小川朝生 p480
 家族/遺族を支える 大西秀樹 p486
シンポジウム3「睡眠とその関連疾患にかかわる社会精神医学的問題」 睡眠に関する疫学 土井由利子 p493
  職場における睡眠の問題 高橋正也 p500
  思春期の睡眠臨床─社会精神医学の視点から考える 松澤重行 p507
  睡眠関連疾患のDirect-to-Consumer Advertising (DTCA)がもたらす光と影 立花直子 p513
シンポジウム4「統合失調症が地域で生きる」 精神科医療機関におけるアウトリーチサービスの実際とその有効性 岩田和彦 p519
  明生病院における精神障害者の住宅確保の取り組み
─この15年の歩みと現在の課題─
秋田宏弥 p525
  山梨県立北病院における長期在院者の退院促進・地域移行:10年間の取り組みについて 宮田量治/斉藤淳子/柴原 慧/藤井康男/佐藤真紀/ 渡辺千文/渡辺小菊/三澤史斉 p531
  急性期病院と地域アウトリーチ機関との連携 野口正行/守屋 昭/藤田健三 p539
  奈良県立医科大学精神医療センターにおける早期退院に向けた多職種連携について 松田康裕/池下克実/岸本年史 p545
シンポジウム6「認知症を地域で支えるために」 大都市における認知症地域連携の実践と課題 粟田主一 p551
  大都市における認知症連携の課題 繁信和恵 p559
  熊本県における認知症疾患医療センターを中心とした地域医療連携について 小嶋誠志郎/橋本 衛/池田 学 p568
  総合病院を中心とした地域連携 内海久美子 p574
  福島県における震災時とその後の認知症支援地域連携について 田子久夫 p581
書 評 『ICD—10ケースブック 精神および行動の障害の診断トレーニング 中根允文(監訳),大原由久(訳)』 丸田敏雅 p589
連 載 これから論文を書く人のための統計の使い方と報告の仕方(第5回 統計相談の際のポイント) 立森久照 p590